ガスバーナーや薬品の主旨にあたって勉強した

ガスバーナーなどについて習得しました。ガスバーナーの用法にあたってだ。ほんとに、バーナーのねじを閉めてから元栓を解き放ち、勝負の火を近づけてから気体気遣いねじを開きます。気体気遣いねじを回して気体のかさを調節し、炎の長さを適当に行う。情勢気遣いねじを回して情勢を入れ、中に青色の三角形の部分の残る適当な炎に行う。火の消しお客様は情勢気遣いねじ、気体気遣いねじ、気体の元栓の順に閉めます。次は、リカー灯の用法に関してだ。エタノールは7〜8分目に入れます。入れたらエタノールのびんは遠ざけます。点火は勝負で行ない、勝負の燃えさしはことごとく燃えさし書き入れへ入れます。消火はどうしてもふたを使用します。灯どうしで火を移したり、口でふき消したりしてはいけません。次は、薬品の行為についてだ。危険な薬品は塩酸、硫酸、硝酸、水酸化ナトリウム水溶液などです。危険な薬品を使うときは、薬品が飛び散るって危険なのでセキュリティーメガネ、白衣を取り付け行う。ほんとに勉強になりました。アリシア スムース