森見君の「美女って竹林」というニュースを読んでみました

古本屋で見つけた、森見登美彦様の「美女という竹林」という図書。社説(僅か幻想?)で、甚だしく気楽に読めました。根っから亭主の小説が好きで読んでいたんですが、社説はようやくでした。なにかで連載されていたみたいですね。森見君は竹林がおマニアみたいで、くわえて美女もマニア、というのが面白かっただ。ほのぼのしていて、友達が所有する竹林を掃除させてもらうことになったのですが、相当すすまない。蚊に人泣かせにされたり、竹が最も多過ぎて下回るのが危険…という、「ああ、そういうものですな」って納得できる、のんびりした竹林掃除の課題です。仲間とかやり直し人間とかにも手伝ってもらって、みんなで竹林を下回る。竹林を切ったことがあるひとはそんなにいないと思いますし、私もありません。ですが、竹ってあのようにびよーんと長いですし、切り倒してもそのあとが大変そうだということはわかりました。それにしても、こういう社説を書いた当時は森見君は職務をされながら小説を書いていたようで、そのことにも驚かされました。ミュゼ 100円