北朝鮮からの脱走兵についてのニュースに思うこと。

韓国に亡命してきた北朝鮮の脱走兵が、手術を受けたらお腹の中からたくさんの寄生虫が出てきたとして話題になっています。
大小さまざま、実に多くの寄生虫が見つかったとかで、執刀をした韓国の医師も、これまでに見たことがないと驚いていたそうですが、あまりにこの兵士がかわいそうで心が痛みます。
北朝鮮と言えば、あまりに暴力的な独裁者ばかりがクロ—ズアップされ、庶民の生活については噂程度の情報が流れるばかりであまり詳しく知る機会もありません。
しかし、どのニュース記事にもあるように、非常に劣悪な衛生環境で、栄養状態も悪いことが察せられます。
そういう状態で、明日をも知れず耐えている無数の庶民がいると思うと、よく知らない国ながらいたたまれない気持ちになります。
国を守る役目を持った、兵士という立場の人間でさえ、栄養不良に苦しみ体の中を寄生虫に蝕まれているくらいですから、か弱い一般市民はどれだけ悲惨な目に遭っていることでしょうか。
どうかこの兵士や、いまも苦難に耐えている市民たちが、光明を見出せる方法を各国首脳たちは真剣に考えて欲しいと思いました。http://www.britishcarriagedriving.co/